ALA配合のアラプラスサプリメント・化粧品の通信販売

文字サイズ

標準拡大

【健康情報コラム】ミトコンドリアとエネルギーの関係

意外と知らない「ミトコンドリア」

学校の授業などで、誰もが耳にしたことがある「ミトコンドリア」。 2011年3月に20〜60代男女1000人を対象に実施した調査によると、ミトコンドリアを「知っている」「聞いたことがある」と答えた人は9割以上に上りました。一方で、「ミトコンドリアとは何か」については、「生物細胞の中に含まれるもの/細胞小器官」「ATPをつくる/エネルギー源」など正しく理解している人もいる一方で、「微生物/アメーバ/ミジンコ/ミドリムシ/ゾウリムシ」「DNA/染色体/遺伝子」など間違って認識している人も多く、知っているようで知らない人の割合も多いことがわかりました。 ミトコンドリアのこと、正しく知っていますか?

ミトコンドリアの認知率

ミトコンドリアとは?=“細胞のエネルギー生産工場”

ミトコンドリアとは?=“細胞のエネルギー生産工場”

ミトコンドリアとは、ほぼすべての細胞に存在する細胞小器官のことです。 “細胞のエネルギー生産工場”とも言われ、グルコース(糖)を原料として、“生体のエネルギー通貨”と呼ばれる「アデノシン三リン酸(ATP)」を合成しています。ATPは体内で日に延べ50〜100kgが作られていますが、そのうちの約95%はミトコンドリアによってつくられています。 また、ATPをつくる過程では水がつくり出されており、その水は「代謝水」と呼ばれ、身体の水分保持において重要な役割を果たします。

ミトコンドリアがつくる重要な成分“ATP”と“代謝水”

ミトコンドリアがつくる重要な成分“ATP”と“代謝水”

1.ATP (アデノシン三リン酸)
ATPは、すべての生物に共通する、エネルギー通貨とも呼ばれる高エネルギー化合物で、ヒトのエネルギーの源となるものです。 ATPは必要に応じて即時エネルギーとして利用することができますが、貯蔵することができないため、1日の生活に必要な量として、毎日50〜100kgものATPが体内で作られているのです。
2.代謝水
代謝水とは、ミトコンドリアがATPを生産する過程で作られる水分であり、成人で1日あたり約500ml作られます。健康的な基礎代謝が向上することにより、代謝水も多く作り出されると考えられます。 このほか、代謝水の多さはうるおいにつながるため、カラダのあらゆるところのうるおいに欠かせない要素でもあります。

ミトコンドリアが正しく働かないと・・・

ミトコンドリアが正しく働かないと、ATPが不足するほか、ATPがうまくつくられないことにより活性酸素が増加し、その結果身体にはさまざまな変化があらわれます。身体を元気に健康に保つためには、ミトコンドリアが正しく働くことが大切なのです。

ミトコンドリアが正しく働かないと・・・

ミトコンドリアとエネルギーの関係

エネルギーをつくるために、ミトコンドリアは重要な役割を果たしています。この章ではミトコンドリアがヒトの体の中で果たしている役割とその効果についてご紹介していきます。 まず、ミトコンドリアは体の中でどのように働いているのでしょうか? 下の図はミトコンドリアの中でATPができるまでの過程の一部を模式的に示しています。ミトコンドリアの中でプロトポルフィリンはFe(鉄)と結合し、ヘムと呼ばれる物質を作ります。このヘムはシトクロムに変化し、ミトコンドリアのエネルギー(ATP)生産の過程において必要不可欠な役割を果たします。そのため、ヘムが十分にない状態では、ミトコンドリアはエネルギー(ATP)を効率的につくることができなくなるのです。
※本商品の効果を保証するものではありません。

ミトコンドリアとエネルギーの関係